スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズメモリーreview 61

【6月を振り返って⑥】

  ― 軽井沢レイクガーデン(後編) ―


   2184_convert_20150819183232.jpg 2196_convert_20150819183317.jpg
         静かな♪湖畔の森の影から♫            浅間山が見えます(噴火しないでね)





2188_convert_20150823190629.jpg2150_convert_20150823190718.jpg
                              サンテグジュペリ
 2161_convert_20150823190803.jpg2160_convert_20150823190847.jpg
               ヘリテージ                        アランティッチマーシュ



          何も知らずに出かけたのですが大野耕生さんのトークショーの日でした。
          「最初皆さんは咲いている花を見つめて購入したはずですが、いろいろと
          勉強するうちに花ではなく葉っぱばかり見るようになります。」
          行く先々でバラを手折っては参加者に回して香りをかがせてくれます。
          「僕は良いんですよ。でも皆さんはマネをしないで下さいね~」
          ジュードオブスキアが咲いているところでは「この子は僕の元カノです。」
          軽いノリで分かり易く楽しくトークしてくれます♪




 2179_convert_20150823190931.jpg2181_convert_20150823191007.jpg
                           ゴールデンセレブレーション



           トークショーは場所と時間を変えて全部で4回ありましたが、次は何を話す
          のか気になり結局ストーカーのように付いて回って全回聴いてしまいました。
          イングリッシュローズというのは、産地ではなくデビットオースチンの創った
          バラのことを指します。イングリッシュローズはオールドローズのこんもりとした
          樹形とナチュラルな花の雰囲気を残しつつ四季咲き性を持つ理想の花として
          創り上げられました。またオールドローズになかった黄色やオレンジのホット
          カラーも誕生させました。←イングリッシュローズコーナーでのトークより♫   
          




            2201_convert_20150819183427.jpg
                       パンティングボートで湖を一周できます。
              
              

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

senpai

Author:senpai
会社の後輩のおかげでブライスとお友達になれました。
お日さまを気にしながらバラも育てています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

access
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。