スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズメモリー 78

  <バラを訪ねて①>


          177_convert_20160530190454.jpg
              オールドローズガーテン入り口          イングリッシュローズフォリー
  152_convert_20160530190602.jpg209_convert_20160530190958.jpg
                  バラの回廊


                              ( 運 河 )
181_convert_20160530191455.jpg186_convert_20160530191606.jpg
  左:オランダの高級住宅街を模して建てられ完売とのこと。船着場にクルーザーが停泊しているお宅も!


                     ( イルミネーション & プロジェクトマッピング )
      233_convert_20160530192025.jpg 240_convert_20160530192157.jpg

 230_convert_20160530191742.jpg 238_convert_20160530191852.jpg
スリラーシティで「MURDER」という単語がおどろおどろしく浮かび上がった時は行け!と心の中で叫んでました。





         134_convert_20160530185621.jpg
            「ハウステンボス」に行ってきました! バラのピークは過ぎており、庭全体の
            6~7割程度咲いているのが好きな私にとっては、行き過ぎちゃった感があり
            ましたが、それでも十分堪能できました。ガイドツアーはNewRose編集長の
            玉置さんでした。始めてなのでどんな話が聞けるか楽しみでした。
            ご本人は貴族のような方で、2008年頃からバラの分類が難しくなってきている
            ことヨーロッパで愛される花色や形、バラについての会話など話してくれました。
            午後のセミナーでは日本にあった河本先生や木村先生が作出する和バラを
            メインに紹介されていました。            
                   212_convert_20160530190123.jpg232_convert_20160530185958.jpg
                      激安ツアーなのにラブリーなお部屋     あのマイケルが座った席で
                                            洪水のアトラクションに参加!
   


  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

senpai

Author:senpai
会社の後輩のおかげでブライスとお友達になれました。
お日さまを気にしながらバラも育てています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

access
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。